カテゴリ:好きなもの( 6 )   

インテグラル・ライフ・プラクティス   

2010年 09月 02日

実践インテグラル・ライフ―自己成長の設計図

ケン・ウィルバー / 春秋社



 思えば、ケン・ウィルバーの『無境界』を読んだのが、この世界(?)に入ったきっかけでした。

 当時好きだった人に、
「『無境界』を読む女…」
 と、半ば怖れられながらつぶやかれたのを覚えています。

 そのうち、この本の訳者だった吉福伸逸さんのワークショップに行くようになり、意識の探求を始め、「死を見なければ」となぜか思い立ち、北海道を出て幾年月、とても面白い日々でした。

 久しぶりにウィルバーの名前をふと聞いたので、本屋に立ち寄って今はどんな著作が出てるのかなーと見てみたのがこの『実践インテグラル・ライフ』です。

 ウィルバー本人は執筆していないのだけど、これまでのウィルバーの探求がもりだくさんに詰め込まれていて、しかも知的な探求に留まらずに実際の生活で実践できるよう、丹念に作り込まれています。

 伝統的な修行体系に含まれる瞑想や祈りも、最新の科学・栄養学に基づく食事や身体トレーニングも、読書や学習・対話や討論などの知的な探求も、そして近代心理学も、ぜーんぶ大きな地図にとりこんで、成長の欲求を満たそうとするのが、インテグラル・ライフ・プラクティス、だそうです。

 そうそう。

 知的な探求は好きだけど、それだけじゃない。逆に、純粋な意識を手にするためには不要なんじゃないかと排除しがちだった。
 瞑想、大事なんだろうけど、それだけでも足りない。
 心理療法やボディワークを受けると変容がおきてすごい!と思うけど、それだけが答えでもない。
 
 と思っていた私にとって、それら全てを見渡せる地図を手にすることによって、「あ、今やってるのは全体のうちのこの部分」という認識が可能になったのです。

 ひとつのことをやってみて「これだ!」と思ったはいいが、続かない自分…とちょっと引け目を感じていたのは私だけではないと思うのだけど、なあんだ、よかったんだ、とも思えました。
 たぶん、ひとつのことを続けていたとしても、続けて探求が深まることによって、広い視野を獲得していくのではないかとも思うけれど。

 
 おおまかには、「ボディ」「マインド」「スピリット」「シャドー」が4つのコア・モジュールになっていていくつかの実践内容が紹介されており、それぞれにおいて一つの実践を選び実践します。
 また、必要に応じて追加される付属モジュールとして、「倫理」「仕事」「人間関係」「創造的活動」「魂」もあります。

 英語版ですが、各モジュールの実践サンプルが図になっているのがこちら


 まだ全部はよんでいないのだけど、気に入っているワークが、「3-2-1 シャドープロセス」。

 シャドーとは、影、抑圧された無意識のことを表します。
 自分の中にある感情を認識することに脅威を感じると、それは自分のものではなく、誰かのもの、外部のものとして経験します。

 例えば、自分の中に感じている「怒り」を経験し、表現することを抑圧していると、自分が怒っているのではなく、「あの人が怒っている」「世界は怒りに満ちている」というふうに、何かに感情を投影するようになります。
 これはほんとにほんとーーーに、よくあることです。

 それ自体が悪いことであるということではなく、そういうふうに私たちはできているのであって、だからこそシャドーに光をあてていくプロセスは、生涯を通じて取り組むべきもの、というふうにも書かれています。

 それに、シャドーには否定的なものと肯定的なものがあって、怒りなどのネガティブなものを投影することもあれば、まだ自分のものとして認識し実現することができていない、潜在的能力を投影することもあります。

 そういうシャドーを統合するワークによって、自らの中に眠る能力を認識し、実現できるチャンスとなるとのこと。うんうん、ほんとにそうだ〜。

 これはやらない手はない!


 時間があったら、そのうちやり方をのせてみようかな。






*********************************************

私の今日のシャドーワークの成果は…

「何かのきっかけで疼きだす、左腰の痛み」を取り上げてみました。
(対象は、やりにくい人や魅力や憧れを感じる人、嫌悪感や悩まされる夢のイメージや身体の感覚などでもいいそうです)


 「それ」と向き合ったり、対話したり、「それ」になってみる過程を辿ることによって現れてきた「それ」の本質は、


 「私は無力だ。だから、全てについて、誰かに全面的にお世話してもらう必要がある」ということを主張し、「十分にお世話してもらえないことへの怒り」を感じていました。


 ローエンの性格構造論でいうところの、オーラル的なトラウマというのでしょうか。

 私の表面的意識では「自立」ということにこだわっているところがあるし、結婚に安定を求める女性には違和感を感じていたのですが、実は「お世話してもらいたい、面倒を全面的に見てもらいたい」という欲求は、私のものだったようです。


 こういうプロセスを、短時間で、抵抗が少なくできる「3-2-1 シャドー・プロセス」はすごい!

 探求、楽しいな〜。
 






 

 
 
[PR]

3回めのベイツセッション   

2010年 07月 01日

きのう、梅雨の晴れ間の代々木公園で、3回めのベイツメソッドセッションを受けた。

宿題をちゃんとしない不真面目な生徒だったせいか、今までは意識の在り方の変化は感じても視覚自体の変化をはっきりとは感じられていなかったのだけど、昨日はびっくりするくらいはっきり見える瞬間があって、驚いた。

視界の中の全ての動きに気付く、というエクササイズの中で、TVの画面がぱっと切り替るようにして、木々の緑がクリアに見える瞬間が何度かあった。

「おお!」「わあ!」「ええ?」とか言いながら。

それと同時に、1枚の絵か写真のように見えていた景色が、奥行き感をもって見えてくる感じも体験した。
今まで、奥行きを感じていないなんて思っていなかったのに。

視力回復につながる手応えを感じられたし、お気に入りのエクササイズもおしえてもらったし、自分でやってみるのも楽しみ。


田辺くんが教えてくれる眼のことやエクササイズも興味深いし役立っているけど、彼の教師(ベイツではティーチャーというそうです)としての在り方が私にはしっくりと来て、とってもいい。

変えようとしないし、知識を押し付けないし、準備ができていることだけをかなり厳密なレベルで察知して提供してくれているので、安心できる。
強制されることに敏感な私がそう感じるのだからマチガイない!

それにいつも新鮮な眼で世界を眺めていて、いつ会っても楽しそうなところもすごくいい。

会うだけで、その場に一緒にいるだけで、その人の在り方のようなものが影響を与えてくれる人がいるけれど、彼もそういう人の一人だ。


知り合えてよかったなあ。
ありがとう田辺くん!
あ、北海道のお土産もありがとう!(←業務連絡)
[PR]

Halo   

2010年 06月 27日

最近の私的ハナうた登場率ナンバーワン、ビヨンセの『Halo』。

haloって月の暈(かさ)とか、光の輪とかいう意味らしい。
PVのビヨンセもきれい。






なんだかこの歌が気になる今日このごろ、歌詞も調べてみたらいい感じ。
[PR]

サッカー日本代表ばんざい   

2010年 06月 27日

 オランダ戦が終わるまではワールドカップが始まっていたことすら知らなかった私、デンマーク戦の深夜3:30になぜか目覚めてしまったので仕方なく見たゲームで、まんまとはまってしまった。

 見始めるといきなり本田のゴール!

 またすぐ遠藤のゴール!!

 すごいっす!!!

 最後の本田のアシストで岡崎がゴールして、岡崎がにっかにかに笑う顔と、本田と抱き合う姿。

 美しいっす!!!

 GK川島の全身からエネルギーみなぎる様子もほれぼれしてしまった。



 ゲーム終了後、踊り喜ぶ選手たちの中に本田がいない様子にも何か心に響くものがあった。
 
 きっと、彼は勝つことは信じていたし、どこかでわかっていたのだろうと思う。やっぱりねって。そしてこれがゴールじゃないことも、まだまだ出せる力があることも。

 喜びのエネルギーをただ放出するのではなくて、集中や闘志のエネルギーに変換して保持して高めていこうとしているのかな、と感じた。

 エネルギーの使い手として、こいつはただもんじゃないぞー、きっと。
 本田のとてつもない自分を信じる力、相手を信じる力がチームの選手にもいい影響を与えているんだろうな。

 そしてそれを感じ取って起用した岡田監督も、ただもんじゃない。
 サッカーのセオリーとか既成概念を取っ払って、見えている何かがたぶん2人にはあるんだろう。

 岡田監督が日本中のバッシングに耐えたエネルギーも相当なもんだ。
 抵抗を受け、自分の失敗をも背負うことを自ら選択するという凄みは、政治家がもっていてほしい資質だなーとふと思う。

 そんな責め立てられる状況の中で、右脳をつかって直感に従い、戦略を立てられる凄さ。
 岡田監督の中の静寂の力を思う。



 デンマーク戦で勝った朝、仮眠をとると、こんな夢を見た。

 伊勢神宮の近くのホテルに泊まってチェックアウトしようとすると、フロントが本田(!)。
 「いい声っすねー」
 となぜか褒められる。
 
 1泊の予定が2泊になったけれど、彼の請求した金額は1泊分だけだった。
 そのことには彼は触れず、あの気迫あふれる眼で握手してくれ、
 「気をつけて下さい。良い旅を!」



 すっかりファンになった本田に勇気をもらい、その日の朝は遅刻ギリギリだったけど、「日本代表のように、不可能を可能にするんだ!」という一心で駅まで走り、見事遅れず出勤できたのでした 笑。


 
[PR]

るんるん!!   

2010年 05月 26日

今日はるんるんです。

だって、よしもとばななさんに会えることになったんだもの〜。
会えるというか、「見る」に近いけど、でもタオゼンの限られた空間にともに存在できるということだけで幸せ!

いつか会えるんじゃないかなあ、と思ってたけど、ほんとになるとは、おどろきだ!

だって、私は、『彼女について』でものすごーく救われる思いをして、そこからばななファンとして隠れおっかけ活動をしてきたんだもの。

ばななさんのご主人のロルファー田畑さんのロルフィングを受け、タオゼン大内さんからばななさんおすすめのチネイザンを学び、ばななさんの友人の大野さんのセラピーを受け。

どれもすごかった。それぞれに、ものすごい解放がおこった。

ばななさんを取り巻く人たちはみんな本当に本物で、すごい素敵な人たちで、いつかは私もそんな人になりたいと強く強く切に願っているのです。

その台風の目(?)に会えるんだもんな〜。

うれしいなー!
るんるん!!!
[PR]

好みの男、三宅純   

2010年 05月 16日

 フリーペーパー『Dictionary』で読んだ文章が気になり、音楽家だというので聴いてみたら、あまりに素敵すぎて惚れてしまった、三宅純さんがさっき5分くらいの番組に出ていた。

a0151317_1815266.jpg

(関係ないけど、今日の吾妻山公園山頂、光と影)



 その文章は、「エコロジーについて何か気をつけていること」というような質問に対する答えだったのだけど、うろ覚えながら大まかには、文明社会にいて電気を使って音楽を作っている自分は環境を破壊する側でもあって、エコロジーを声高らかに叫ぶことにはいささか戸惑いがある、というようなことだったように思う。

 以前、「環境への祈り」というようなワークショップに図らずも出ることになり、一人一人祈りの言葉を述べていく、ということをやったことがあるのだけど、それがあまりにも「誰か悪い人たちが環境を壊し続けていて、そんなことは私には信じられない」という趣旨のことばかりだったので、ちょっと気持ち悪くなってしまい、「私は安い服や安いスーパーで買い物するのも大好きです。私は環境を壊しています。私の中にそのような何かを壊していく要素がどうしようもなくあって、それと向かい合うことでしか環境に対して誠意をもつことはできない」と述べて、空気を少し乱した経験のある私には、三宅純さんの答えがとても素敵なものに感じた。

 かといって何もしなくてもいいか、という問題はまた別においといての話だけどね。


 それで、音楽がまた相当かっこいい。


Stolen from Strangers

JUN MIYAKE / ビデオアーツ・ミュージック



 よく晴れたハッピーな日には全然似合わないけれど、自分の中の影の部分と向き合ってる時に聞くのが一番沁みるし、何度も救われてきた。

 昨年急逝したピナ・バウシュの舞台『Vollmond』を観に行ったとき、思いがけずこの中の一曲が流れてきた時には、ダンスの内容とあいまって泣けてくるほどだった。

 ピナ・バウシュのダンスとも共通するけれど、私を揺さぶる三宅純さんの魅力は、自らのうちにあり人間全体がもっている醜さや弱さを、ちょっと哀しげな目で、でもどこか可笑しみをもって見つめつづけていることにあるように思う。



 パリに住んでるというのも魅かれるポイントなのかも。
 すごーくパリの似合う人。


 しびれるわあ。
[PR]