<   2010年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

導き手   

2010年 02月 17日

ヒーラーでチネイザンプラクティショナーのユキさんに、エネルギーフィールドについて知りたくって紹介してもらった、バーバラ・アン・ブレナン『光の手』をいま読んでいるのだけど、エネルギーの本なのにふわふわしたところは全くなく(偏見?)、しっかり地に足のついたところからただ真実について語られているのでしばらく本がなかなか読めない状態だった私にも読みやすく、ひとつひとつ示唆するところを感じながら、すこーしずつ読み進めている。


今日のなるほど!そうだよね!の箇所は…

自分を導く「見えない手」のこと。




『もっとも単純な導き手の一つは、毎日そして一日に何度も訪れる不快感という形でやってくる。

この導き手に注意してそれに従いさえすれば、ほとんど病気になどかからなくなる。

不快感に注意していれば、バランスを取り戻し健康を回復する。

不快感は肉体的不快感や痛みの場合もあれば、感情的、心理的、精神的レベルのときもある。

それは、あなたの人生のどこにでも現れる。』



『「あなたの肉体や生活のどこに不快感があるのか?

どのくらいの期間続いているのか?

それはあなたに何を伝えようとしているのか?

それに対しあなたは何をしてきたのか?」

これらの質問に正直に答えていけば、自分自身を健康で幸福で賢明に保つはずの最高のチャンスを

どれほど無視してきたかに気づくはずだ。

肉体や生活上で感じる不快感は、すべて本当の自分と波長があっていないことを

あなたに直接伝えているメッセージである。』



『この単純なレベルの導きに従うとは、疲れた時には休み、

空腹な時には食べ、肉体が必要としているものを食べさせるということである。

自分を大切にし、自分を困らせている生活環境を変えるという意味である。

これらのことができるように、どれほどうまく生活を組み立てているだろうか?

それはそう簡単ではないはずだ。』




そう、簡単じゃないんだよ〜。
誰か人に代わってもらうこともできないし、教えてもらうわけにもいかない。
自分で勇気をもって、暗い森のようなところに分け入っていかなきゃならない。

でも、命をかけて、人生をかけて、一生をかけて、やる価値のあることだとも思うのです。
[PR]

酒場デビュ〜   

2010年 02月 14日

昨日はたのしい一日だった〜

仕事中も、頼れる兄さん姉さんと入浴介助にまわって、恋バナエロバナしながら大笑いでなごみつつ、お風呂のお手伝いをしてたら突如、「ああ、しあわせだ〜」という瞬間が訪れるし、

そのあと、自分で切ってそのままにしていた髪をやっぱりなおしてもらおうと思って葉山の美容室まで行って、大好きな美容師さんのインドに旅した話を聞いていっしょに旅した気分になって、私がいつかパリに住みたいという話もしたら「パリにいそう!」という嬉しいお言葉も頂いて、髪のケアのこともしっかり相談にのってもらって、髪を大事にしようという気持ちにもなるし、

そのあと、バスで逗子駅にむかったら、前に友達に連れていってもらったタパス酒場アルが寒々しい天気の中、とってもあったかそうに見えて食べ物もおいしいのを知っていたので、バス停を一つ乗り越してしまったけど歩いて戻って、でもお酒飲み慣れてないから酒場に一人で行ったこともないし内心ドキドキしながら、ちょっとだけ勇気をもって入っていくと、

なんと!

その連れていってくれた友達がヘルプでお店にいるではないですか。

彼女とは、葉山の花火の時にも偶然ばったり会って、いっしょに花火をみにいったんだけど、今回もそう頻繁に来ているわけではないのに〜といっしょにおどろきまくったのでした。

そうしたら、お店にいる人はみーんな常連さんたちで、みんな40〜50代くらいの経験豊富なオトナたちで、ものすごーくくつろげる感じで楽しかった〜。
イラストレーター、研究開発、建築、俳優、某大企業の会長さんなどなど、職業もばらばら、そうそうたる肩書きの人々で年も上なのに、そういう立場の違いを超えて私自身を尊重してくれるフトコロの広い人々で、感動してしまいましたわ〜〜。
ちゃんと楽しんで自分を生きてる人ってすごいなあ。

年上の人たち、目上の人たちの中にいるのが、私にとってとっても安心でくつろいでいられて、自分でいられるんだなあってことも思い出した。

スプマンテも200mlおいしくちびちび飲み干せたし、おつまみも温玉のせドライカレーもおいしいし、ちゃっかりごちそうにもなってしまって、なんと幸せな夜。

逗子の職場からも近いので、これからの逗子の夜が楽しみだよ〜〜。

a0151317_1233269.jpg






















というわけで、
ひとりで在ること、
を少しだけ受け入れたら、
ぎゃくに出会いがまっていた、という逆説的なお話でありました。


これからもっともっと手放していけるものがあるんだと思うと、もっともっと手に入れられるものがあるんだよね。

日々手放すことを怠らないでいきたいもんです〜。

でもすぐ怠っちゃうけど、それはそれでいいか〜。
[PR]

ひとり在ることをうけいれる、という願い   

2010年 02月 13日

ひとりで在ることのおそれをもっているために、

人から拒絶されたと嘆く

人から受け入れられたと歓喜する







私はなにがしたいのだろう?

たくさんの人とともにいたい?

たくさんの人に受け入れられたい?

ほんとうにそう?



一人の人と深く深く関わりたい?

深さを求めるから、たくさんの人は求めない?

ほんとうにそう?
[PR]

すきま大好き   

2010年 02月 10日

いろんなことがあって楽しくって突っ走っていたらいつのまにかまた心と身体が満タンになっていて、すきまがなくなっていて、しろたんをゆっくりなでる気持ちにもなれなかったし、身体も疲れていたので、昨日はとにかく早くねた。
そしたら覚えてないけどたくさん夢を見て、起きたらすきまがちゃんとできていた。


身体の要求を感じられることのヨロコビよ。

身体の要求を満たしてあげられることのヨロコビよ。

またたくさんの美しいものをすきまに受けとめられることのヨロコビよ。
[PR]

私がみがまえてしまうもの   

2010年 02月 09日



批判すると同時に

求めてくる人。



求めているのに

否定してしまう人。




愛と拒絶の

ダブルバインドで動けなくなる。



動けなくなるのは

私もその人を愛しているから。



やはり愛ゆえに。






父性とか、

男性性とか。
[PR]

由比ケ浜、ナオミねえさんちに行く   

2010年 02月 08日

行く時は冷え冷えだったけど、ポカポカで帰ってきた〜



だって、ねえさんの愛の大きさったら!

野菜たっぷりのおいしい晩ごはん、こまやかなおもてなし。
私の大好きな中井貴一さんに会った時の話をちょー熱こめて語ってくれたのも最高です…。
風のガーデンもっかい見直したい!
そして中井貴一、会いたい!



それにおみやげまで…(涙)

私が前にお店で見かけて、買いたいと思って長々と見つめていたけど、今はムリだ〜とあきらめていたすてきな器が、器フェチのねえさんの食卓にでてきてびっくり!

私がきゃーと喜んでると、ねえさんもその大谷桃子さんという作家さんのファンで、何種類ももってるそうで出してきてくれて、

「あげるよ!」

だって!!!
なんちゅうフトコロの広さ!!!
なんちゅう有難きしあわせ!!!!
人にいろんなものを与えてきたひとはやっぱ違うね〜

人に何かをして頂くことに慣れていない私は、一瞬迷ったけど、ここはありがたく頂くことに♡

a0151317_22533586.jpg


私の好きな緑と茶色。

さっそく家に飾ってみたよ〜

ねえさんちの近くの古道具屋そうすけで買った古い棚にぴったりじゃないですか〜


大事にしまーす♡

a0151317_238399.jpg










































そして、スタンダードプードルのマイラ、でかいが超ラブリ〜!
いきなり肩に手を乗せてきてびっくりして大ウケ。

マイラ課長「あゆみくん、今回のプロジェクト、よく頑張ったよ」
あゆみ「課長、ありがとうございます!」
的な?


a0151317_22514565.jpg


マイラのベッドにもぐりこんでいっしょにねたり、ちゅっちゅしたり。
(ちゅっちゅ写真はこれだ!)

やっぱ犬って愛のカタマリ〜
また会いたいよ〜


あ、もちろんチネイザンのケーススタディもしたよ。

やるほうもやられるほうも、いろんな感じを感じられて、それぞれに良かった。
一夜明けた後に気づくこともあり。

すべては経験。
楽しいな。

ねえさんはじめ、おなかを触らせてくれたり触ってくれたみんな、ありがとう!



ほかにも、そうすけでお気に入り古道具をゲットしたり、
素敵な人とご縁がつながったり、
また別な嬉しいことがあったり、

ほんとにいい一日だったな〜。
[PR]

妄想について   

2010年 02月 06日

最近気づいたことに、

私はいつも妄想ばっかしてるんだな〜

ということがある。


目の前にあるものや状況を見たり感じたりする代わりに、自分にとって都合のいい情報だけにフォーカスして「私はこんなに素晴らしい!!!」と思い込んだり決めつけたり、逆に自分を否定するような情報ばかりをしつこく見続けて「私はこんなに生きている価値がない」と思い込んだり決めつけたり。

自分の美点や弱点を、そのままの大きさで見ることはなしに、とーっても大きく膨らませて自分の都合のいいようなストーリーが頭の中をながれていくことが、私には本当によくある。

電車の中、ベッドの中、おふろの中、そして仕事中も。

訪問看護をやっていた時は、
患者さんを見ずに、見たような気になって、いろいろ考えてこねくり回してきたんだな、と思う。
身体を触るときにも、本当には見ないで感じないでやってるから、そうとう相手にフィットしないやり方でやっていたんだな。
そうではない瞬間もちゃんとあったけれど。






自分がいかに素晴らしいかを証明するストーリー、自分がどんなに傷ついた被害者かを証明するストーリー。

それを見ることに人生のおおかたを費やしてきたんだな、と思う。


そんなことに気づいたのは、こちらの妄想や幻想や投影にとりこまれないでいてくれて、純粋な鏡でいてくれる人のおかげなのだと思う。


それはあなたの考えていることだよ。


と彼は言葉なしで教えてくれる。
私を非難するためにではなくて、私の考えや望みを私に理解させてくれるために。

そうして、ああ、私はこれが欲しかったんだな、と知ることができる。



私もいつかなれるかな。
前からの望みだった、鏡のような人。




でもね、妄想の中にも真実が含まれているとも思うんだー。

それはもしかしたら日常の意識ではとてもばかげたことのように感じたり、全然真実ではないように一見思うんだけれど。

何かしら思うことがあるのならばそれは、肉体のレベル(現実世界)で実現されていたり繋がりとして現れていなくても、どこかの層、どこかのレベルのところで何かしら引き合うものがあるのだと思うのです。

それをどのように実現するかは、それをどれだけ透明な眼で見ていられるかにかかっているような気がする。

幻想として姿を現すのか、はたまた、あるがままの姿で現実社会に実現するのか。




昨日チネイザンの集まりでユキさんが話していた、エネルギーの層の話。

自分がどの層、どのレベルでセッションしているのか、気づいていた方がいいという話が、示唆してくれるものに今日は興味津々、妄想中。


エネルギーのことについて、もっと知りたい欲がわいてきたよー。
[PR]

マッシュルーム野郎   

2010年 02月 06日

おととい、買ったばかりの服を着てみたら、

「なんかこの髪型ちがう!」
と思って、
思ったらその衝動が止まらなくて、

自分で髪切ってみた♡

前髪とかじゃなくて、後ろ髪もですよ!
すごくない?

そしてワカメちゃんでもあり、キノコでもあり、
わたくし的には東京メトロの広告の宮崎あおいでもある(←はい、ごめんなさい)
今までとは全く違うイメージの私に!

きのう会ったひよりちゃんに、
「このマッシュルーム野郎〜♡」と抱きついていただいて、けっこうウケつつ
やっぱやっちゃったかなあ、と思っていたのだけど、

今日寄ったうどん屋さんの若旦那に
「また来て下さいね!近々!!」と声をかけてもらったので
もしかして、まんざら悪くないのかも?といい気になってまーーーす♡


しっかし、
34才なのによくやるねーワタシ、と思いつつ、
そんな自分が恥ずかしくもあり、誇らしくもあり。
[PR]

チネイザンのケーススタディ、始動   

2010年 02月 06日

書きたいことがいっぱいあるんだけど、

今日の最大ニュースは、

チネイザンの初ケーススタディをさせてもらいましたー!!!

ぱちぱちぱち!!



12月初めに修了してクラスメイトがどんどんケーススタディを進める中、触れることへのおそれやらで私はまったくやれていなくて、ひとり遅れをとっているようで引け目を感じていたけど、ロルフィングトレーニングの説明会で知り合った横浜のロルファー高田さんの言ってくれた、

「いま、触るということを自分なりに一生懸命消化しようとしてるんですね」

「とにかくやればいい、というものでもない」


という言葉に勇気づけられ、自分の感覚やペースを大事にしてきた。
ほんとそれで良かったんだねー、と思う。

高田さんのセッション、まだ受けてないけど、いつかきっと受けてみたいなあ、と思う。
ほんとに短時間で私の悩みににじり寄ってくれて(変な表現だけど、ぴったり!)、そのままでいいと認めてくれて、力みをほどいてくれた、その集中力が素晴らしかった。

友達を紹介したら、セッションとっても良かったそうです。
ロルフィングうけるなら、おすすめです!

あ、右にリンクしてあるロルフィング&ボディワークス横浜がそうです。



そうして、今日はチネイザン修了生の集まりがあったので、おそるおそる行ってみた。タオゼン自体行くのが久しぶりだったのでほんとにおっかなびっくりで、今日は仕事で怒りを感じたりしていたので、何となくキラキラした人達に会うことに、引け目も感じながら。

みんなのチネイザンに関する質問がプロっぽくなっていて、さらにびびった。

練習もするというのでちょっと気が遠くなりそうになったけど(笑)、勇気をちょっとだけ出してやってみた。


そうしたら、本当にやってよかった、といつものように思った。


前よりよかったなあ、と思うのは、クライエント役の時、non-judgementalにいられたこと。

もっとこうしてほしいのに、とか、その触り方はいやだなあ、とか、判断しようとする姿勢でいると、施術者が何をしてくれようとしているのか、わからなくなってしまう。
相互コミュニケーションという意味での、セッションでもなくなってしまう。

何かをしてくれようとしている、ただその姿勢に愛を感じられて、温かくなって、幸せなほわっとした気分になることができた。
最近足りなかった、人の手のぬくもりをたっぷり受け取ることができて、心の栄養補給もできた。

ベラ似姉妹の姉、みっち、ありがとう。



施術者役をさせてもらった時は、ロルフィングのワークショップで学んだことが役に立った気がする。

自分の身体に十分気づいていること。
身体の内側に意識を囲い込んでおくこと。
自分の楽な姿勢を保つこと。
相手の微細な動きや呼吸の波を感じて邪魔しないこと。
何かをしようとしないこと。



触っていておそれは感じないで済んだし、それはやっぱり非批判的に受けとめてくれたみっちのおかげだと思う。
おなかの感触、とっても気持ちよくて私も楽しんだし、何かが動いた、とも言ってくれた。

ほんとにほんとに感謝。


次の交換セッションの予定も入れられたし、やっと遅いスタートだー!

るんるん。

みんな、お腹かしてね〜〜。
[PR]

cinema amigo   

2010年 02月 05日

a0151317_16238.jpg



今日は逗子で仕事の合間、思わぬ空き時間ができたので、職場から歩いて15分くらいのところにあるミニシアター、シネマアミーゴのカフェでランチをしに行ってきた。

ここはニセコの友、ぶんたアニのお姉さんが「あゆみ食堂」としてランチを担当してるということでおしえてもらったのだけど、いま上映中の映画はニセコのバックカントリースノーボードのドキュメンタリー「Signatures」だったりと、ニセコつながりで縁もあるようす。
Signaturesで雪、見たいなあ。

映画やライブやイベントも、とってもオモシロそうなものばかりで、葉山移住がますます楽しみになってくる。
早く住みたいなあ。


そして行ってみるといきなり、好きな空間(自然じゃなくて人工的な空間で)のベスト5くらいに入った感じ!

ほかには横須賀のかねよ食堂とか、ニセコのえりちゃんちとか、札幌の森彦とかが今思い出されるけど、この空間たちに共通してるのは、奇跡的、と感じさせてくれるところかな。

土地と場の空気と、建物や空間と、そこにいる人々が、一つにつながっていて建物や装飾品でさえも自然の一つみたいになってるんだよねー。
これはタオだな。

ここでなければできないもの、見えない景色、ここにしかないもの。

そんなものを感じることのできる奇跡と幸せ。

力が抜けている人の作った空間は、だから心地がよいんだね、きっと。



心地よさ、たっぷりと味わってきました。

ランチを食べやすい席、お茶を飲むのに温かくて快適な席、窓の外の光を感じられる席。
迷惑だろうと思いつつも、すいていたので3つの席を移動しながら(笑)

それぞれに味があって、気分でいろいろ座り分けるだけでいろんなテイストが楽しめる。

その時々でいちばん気持ちいい席を探してしまうような、そういうことにとてもわがままな自分を感じながら、まあ、いっか、と自分を許したりして。


そんな貪欲さ、けっこう好きです。


a0151317_174295.jpg

[PR]