<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

からだから立ち上るカレーのにおいが、私にOKという   

2010年 04月 25日

金曜日、仕事でものすごーくたくさんエネルギーを使って、気持ちいいくらいにへっとへとになって、これはからだのスペシャルケアをやってあげよう!今ケアしてあげなくていつするのだ!という感じだったので、昨日の夜、初アーユルヴェーダトリートメント体験をしてきました。

気持ちよかったし、イメージしていたものとは違う面白さも感じて、すごーいよかった。

昨日の私は、ヴァータ過剰とのことで、アヴィヤンガというオイルマッサージと、その後の発汗法、ヘッドマッサージつき。


オイルマッサージでイメージしていた、ゆったりとしたリラックス重視のストローク、ではなくて、スパイス入りのカレーくさい(いや、いい匂いなんだけどね)オイルをふんだんに使って、素早い動きでのマッサージでした。

インドではもっと早い動きだそうで、リラクゼーションというよりも治療、オイルをしっかり身体に入れることが重要なんだそうです。

インドでは、高齢者に座ってオイルマッサージする時に、あえてつるつる滑る木の椅子を使ったりして、滑らないように身体に力を入れて鍛える意味もあるとのこと。
これはリハビリじゃないですか!
総合芸術、ならぬ総合的な医療なんですね。

日本で一般的にイメージされる、スパ的リラクゼーション的アーユルヴェーダはほんの一部のようです。

私は今回は、疲れた!助けて!と駆け込み的に利用したけど、できれば元気な時に定期的に通えれば、疲れる前、バランスが崩れる前のケアができそうだなあ、と思いました。


そんで、私の体質(ネットで体質チェックできます)のヴァータとは?と調べてたら、うーむ、なるほど。


特に、ヴァータにおすすめの食べ物のところ、すごい!
一般的におすすめされている食事内容にどうも合わない自分の好みはここから来てたのか、と目からウロコでした。

ヴァータの性質は「風」、乾燥、軽、冷、粗、微細、動、清浄という要素なので、これらを助長させるのではなくて、補うような要素の食べ物や生活スタイルがいいそうです。

なので、「温かくて、よく調理された、しっとりした食事」


「生野菜などは少なめに」
うん、自分ちでサラダつくることはほとんどない。

「たんぱく質を適量の乳製品で補えば十分。しかし、卵や、鶏肉、七面鳥や新鮮な魚、鹿の肉もお好みであれば食べても良い豆類は消化しにくいので、ヴァータのバランスをとるためには少しであればよい」
ほう!
牛乳、バター、チーズ、乳製品大好き。
よくないという情報もあるけど、これからは安心して頂きます。

「どんなオイルもヴァータによい。乳製品は全てヴァータによいのですが、硬めのチーズは控えめに」
しっかり油っこいの好き。ラーメンはこってり。
バターの消費量はハンパじゃない。
うん、ハードなチーズはそれほど好きじゃない。

「ヴァータの人々は中毒になりやすいので、砂糖、カフェイン、タバコを避けるべきです。熱中のしすぎはヴァータのバランスを崩しやすいのでリラックスや瞑想を忘れないようにしましょう」
はーい!




そう、ここから学んだ個人的な事柄はですね、

どんなに誰かがこれがいいといっても、食べたくないものは食べなくてよろしい!!
やりたくないことはやらなくてよろしい!!


ということです。



ジャンクフードを食べつづけて、病気になったら、病気がいろんなことを教えてくれる。
瞑想なんかしないもーん、とエゴイスティックに振る舞い、どんどん孤独になっていったら、寂しすぎて仕方ないから何とかすればいい。

それらが死に至るようなところまで導いていったとしたら、死に至る過程がちゃんと私たちに必要なことを教えてくれる。
ねっ、大丈夫でしょ?(笑)


キワのキワまで行って見てくる勇気と、ここ一番のいざという時に自分を信じる強さだけあれば、大丈夫なんだと今は知っている。

またすぐ忘れるだろうけど、思い出せるようにここに書いとこうっと。
[PR]

とうちゃーく   

2010年 04月 12日

穂高の2泊ツアーより、さっき帰ってきました。

最近疲れてたし、なーんもしないぞー、と思ってたのに、アイホンのてきとー写真を見たらけっこういろいろやってたようです。



森の中でかもしかと見つめあって、ぐるぐる異次元体験したり、
(野生のイルカと泳いだ時に目が合ったとき以来の感覚。これは…カモシカセラピー??)
a0151317_0242542.jpg




白い岩肌を流れる緑の綺麗な川を眺めたり、
a0151317_0253540.jpg

(ああ、アイホンじゃ色がキレイに出ない…)


杉林の赤い小道を歩いたり、
a0151317_0272543.jpg




竹の新緑で目を歓ばせたり、
a0151317_0281318.jpg




わさび農場で、わさびの花と綺麗な畝と水と、黒澤明監督の大好きな映画『夢』のロケ地にもなった水車のある風景を楽しんだり、
a0151317_0292675.jpg


a0151317_0301870.jpg




春の山菜、ヤブカンゾウが美味しかったのでちゃっかり採りにいって持ち帰ったり、



なぜか帰宅途中のホームセンターにふらりと立ち寄ってしまい、タイムセールになっていた絹さや3株と、なぜかセールになっていないトマトとスナップえんどう、綺麗なベゴニアの鉢まで買い込んでしまったり、




ふらっと立ち寄った松本城が満開の桜で、初めてお城の天守閣に登ったり。
a0151317_0324140.jpg


a0151317_0481589.jpg




あ、綾戸智絵さんとお風呂入ったりもした!
松本でのライブを終えて昔なじみの養生園に来てたらしく、静かなあの場所には似つかわしくない大きな関西弁で養生園の空気を気持ちよくかき回してくれて、養生園にも私にも風が通るみたいで何だか良かった。

お風呂の洗い場、寒いですよねえ、と話しかけたら、
「一仕事終えて、アツく燃えてるからこのくらいでちょうどいいんですわ」だって。
ゴロゴロして冷え冷えの私は、心の中で、まいりました!とつぶやくしかなかった。


かもしかは国の特別天然記念物で、綾戸さんもまあいってみれば天然記念物的存在で(ほめてるんですよ)、何だか得した感じのする穂高旅でございました。



それから、今まで感じたことのない怖さみたいなものをたくさん感じた。

崖っぷちまで行って川をのぞき込む時や、高速道路を運転してる時や、かもしかがすぐ近くに来た時や、松本城の急な階段を昇り降りする時や、夜おさんぽしようと思ったけどこわくてできなかったりとか。

同じような状況でも今までなら怖いと思わなかったようなことに、ぐるぐるとめまいがするくらい恐れを感じて、なんでかはわかんないけど、その変化が不思議で面白かった。




ようし、あした野菜の苗をプランターに植えるぞー。
たぶん。
きっとね。
[PR]

でっぱつだー   

2010年 04月 09日

穂高養生園にいってくるだすなう!
[PR]

おおっと!   

2010年 04月 03日

ここ最近の流れがよーくわかる日記がかけたなーとおもったら、

ぜーんぶ消えた!

うけるー
消しましょー


さーて行動開始!
[PR]