インテグラル・ライフ・プラクティス   

2010年 09月 02日

実践インテグラル・ライフ―自己成長の設計図

ケン・ウィルバー / 春秋社



 思えば、ケン・ウィルバーの『無境界』を読んだのが、この世界(?)に入ったきっかけでした。

 当時好きだった人に、
「『無境界』を読む女…」
 と、半ば怖れられながらつぶやかれたのを覚えています。

 そのうち、この本の訳者だった吉福伸逸さんのワークショップに行くようになり、意識の探求を始め、「死を見なければ」となぜか思い立ち、北海道を出て幾年月、とても面白い日々でした。

 久しぶりにウィルバーの名前をふと聞いたので、本屋に立ち寄って今はどんな著作が出てるのかなーと見てみたのがこの『実践インテグラル・ライフ』です。

 ウィルバー本人は執筆していないのだけど、これまでのウィルバーの探求がもりだくさんに詰め込まれていて、しかも知的な探求に留まらずに実際の生活で実践できるよう、丹念に作り込まれています。

 伝統的な修行体系に含まれる瞑想や祈りも、最新の科学・栄養学に基づく食事や身体トレーニングも、読書や学習・対話や討論などの知的な探求も、そして近代心理学も、ぜーんぶ大きな地図にとりこんで、成長の欲求を満たそうとするのが、インテグラル・ライフ・プラクティス、だそうです。

 そうそう。

 知的な探求は好きだけど、それだけじゃない。逆に、純粋な意識を手にするためには不要なんじゃないかと排除しがちだった。
 瞑想、大事なんだろうけど、それだけでも足りない。
 心理療法やボディワークを受けると変容がおきてすごい!と思うけど、それだけが答えでもない。
 
 と思っていた私にとって、それら全てを見渡せる地図を手にすることによって、「あ、今やってるのは全体のうちのこの部分」という認識が可能になったのです。

 ひとつのことをやってみて「これだ!」と思ったはいいが、続かない自分…とちょっと引け目を感じていたのは私だけではないと思うのだけど、なあんだ、よかったんだ、とも思えました。
 たぶん、ひとつのことを続けていたとしても、続けて探求が深まることによって、広い視野を獲得していくのではないかとも思うけれど。

 
 おおまかには、「ボディ」「マインド」「スピリット」「シャドー」が4つのコア・モジュールになっていていくつかの実践内容が紹介されており、それぞれにおいて一つの実践を選び実践します。
 また、必要に応じて追加される付属モジュールとして、「倫理」「仕事」「人間関係」「創造的活動」「魂」もあります。

 英語版ですが、各モジュールの実践サンプルが図になっているのがこちら


 まだ全部はよんでいないのだけど、気に入っているワークが、「3-2-1 シャドープロセス」。

 シャドーとは、影、抑圧された無意識のことを表します。
 自分の中にある感情を認識することに脅威を感じると、それは自分のものではなく、誰かのもの、外部のものとして経験します。

 例えば、自分の中に感じている「怒り」を経験し、表現することを抑圧していると、自分が怒っているのではなく、「あの人が怒っている」「世界は怒りに満ちている」というふうに、何かに感情を投影するようになります。
 これはほんとにほんとーーーに、よくあることです。

 それ自体が悪いことであるということではなく、そういうふうに私たちはできているのであって、だからこそシャドーに光をあてていくプロセスは、生涯を通じて取り組むべきもの、というふうにも書かれています。

 それに、シャドーには否定的なものと肯定的なものがあって、怒りなどのネガティブなものを投影することもあれば、まだ自分のものとして認識し実現することができていない、潜在的能力を投影することもあります。

 そういうシャドーを統合するワークによって、自らの中に眠る能力を認識し、実現できるチャンスとなるとのこと。うんうん、ほんとにそうだ〜。

 これはやらない手はない!


 時間があったら、そのうちやり方をのせてみようかな。






*********************************************

私の今日のシャドーワークの成果は…

「何かのきっかけで疼きだす、左腰の痛み」を取り上げてみました。
(対象は、やりにくい人や魅力や憧れを感じる人、嫌悪感や悩まされる夢のイメージや身体の感覚などでもいいそうです)


 「それ」と向き合ったり、対話したり、「それ」になってみる過程を辿ることによって現れてきた「それ」の本質は、


 「私は無力だ。だから、全てについて、誰かに全面的にお世話してもらう必要がある」ということを主張し、「十分にお世話してもらえないことへの怒り」を感じていました。


 ローエンの性格構造論でいうところの、オーラル的なトラウマというのでしょうか。

 私の表面的意識では「自立」ということにこだわっているところがあるし、結婚に安定を求める女性には違和感を感じていたのですが、実は「お世話してもらいたい、面倒を全面的に見てもらいたい」という欲求は、私のものだったようです。


 こういうプロセスを、短時間で、抵抗が少なくできる「3-2-1 シャドー・プロセス」はすごい!

 探求、楽しいな〜。
 






 

 
 
[PR]

またしてもチネイザンな日記   

2010年 08月 30日

 昨日は、第3期チネイザンプラクティショナー養成コースのお手伝い、というかほとんど遊びに、タオゼンに行った。

 自主練習会もしっかりやっているという3期生はびっくりするくらい上手で、驚いた。
 私の時とはぜんぜん違う…。
 いい刺激になりました。

 昨日は練習会だったので、ジョージさんとユキさんのリードだったのだけど、お二人とも2期のサポートの時とはまた違って、先生としてより信頼できる感じになっていた。
 一年分、ちゃんと時間が経っているのだなあ。
 
 私は3期生お二人と練習セッションを交換したのだけど、やってもらっている時にどうフィードバックしたらいいかとか、受け取り方が以前とは違ってきているのを自分で感じて、自分も成長しているんだなあ、とこれも感慨深かった。

 気功や瞑想の大事さもコース中よりはずっと感じているし、あの時から時間が経って、物事が変化しているということを強く感じる一日だった。

 チネイザンをやってもらうのは久しぶりだったのだけど、これが効いたのか、ものすごーくぐったりと眠く、疲れて、帰りの電車で「横になりたい!」という思いを抑えきれるか不安だったほど…。
 今日もどてーっと眠り続け、食べてシャワー浴びて寝る、みたいな日になった。

 単に気持ち良いだけではないチネイザン、おもしろいなあ。
 奥の方に隠してあったモノが浮かび上がってくるようなプロセスが、たまらんとです。
[PR]

今日のチネイザンセッションもよかった   

2010年 08月 28日

 モニターセッション3回目のKくん。

 1回目より2回目、2回目より3回目と、お互いに楽しく気持ち良く、つながりやすくなってきました。今日はとってもいいフィードバックがあって嬉しい。

 おへそへのタッチで寝てしまうのは前回と同様。
 「起きていようと思ったのに」と言いつつも、「夜もこのくらい深く眠れればいいのに」というくらい、深いところへもってかれる感覚だったようです。
 寝てはいるけど、手や足がかすかに動いたり、表情がすねたように口をとがらせて可愛くなったり(笑)、ただの深い眠りではなさそうなところがチネイザンの面白いとこだなあ、と思う。
 
 私と同じく田畑浩良さんのロルフィングを受けているKくんは、「ロルフィングとかチネイザンとかで寝るのがいちばん気持ちいい」と言ってくれて、尊敬するロルファーさんと同じ文脈に入れてもらえたことにちょっと(いやかなり)にまにま。

 風門、丹田とちょっと痛い施術の時にもまだウトウトしていて、よっぽど深いリラックス状態にいてくれたんだなあ、と感じた。
 終了後、少し休んだ後に「すっきりしたー!!」と動き出したときは、目の輝きがやる前と明らかに違う!!終わった途端に「次いつできますか?」と聞いてくれたのも何だか嬉しかったなあ。

 自分としても、小腸へのタッチ、心臓へのタッチ、腎臓や肝臓へのタッチなど、各臓器のつながりってこういうことかな?と感じることがいくつもあって、ステップアップを感じるセッションになった。気がする。
 やってる方の感情が動くのも面白かった。
 ハートのポイントでは急に泣きそうになったり、腎臓にタッチしている時に突然にまっと笑いがこみ上げてきたり。それがどういう現象かを説明することは今の私にはできないけど、お互いに何かが共鳴しあっているんだろうなあ、と思う。


 最終試験で大内さんから「いい時と悪い時の差がはげしい」というフィードバックをもらった私だけど、さいきん自分でもびっくりするくらい集中力がついてきてるな〜と自分では感じていて、それはきっとピラティスや空手で丹田を意識するようになったことや、エネルギーの学校でエネルギー的体力がついてきているせいかな?と思っとります。
 まあ、ほかにも思い当たる要因がたくさんあるのだけど。
 
 
 さっぱりわからん!と思ってたチネイザンだけど、わからないなりに面白くなってきたぞー。
 できごころでちょっと初めてみてよかった〜!
 
 
[PR]

チネイザンのモニターを募集しています   

2010年 08月 28日

 昨年、TaoZen主催のチネイザンプラクティショナー養成コース第2期を修了し、プラクティショナーとしての認定を目指して、インターンという立場でケーススタディを少しずつ行っています。

 私自身、チネイザンを受けたことにより、肉体的な効果や一時のリラクゼーションに留まらず、大きな変容を体験しています。ロルフィングを受けた時もそうでしたが、もう必要としていない何か古い観念を手放し、新しいものを受け容れる助けになっていたような気がします。

 技術も理解もまだまだですが、どんどん楽しく施術できるようになってきて、モニターの方にも喜んで頂けるようになってきました。
 そこで、今までは知り合い限定でモニターをお願いしていましたが、お腹を貸して頂ける方を大募集したいと思います。

 もし興味のありそうなお友達などがいましたら、ご紹介して頂けるとありがたいです!




チネイザンとは?   *日本チネイザン協会オフィシャルサイトより転載
 
 チネイザン(氣内臓療法)とは、古くからタオ(※1)に伝わる気功療法の一つで、お腹へのタッチを中心としたホリスティックなセラピーです。

 文化大革命などの影響で歴史から消え去ろうとしていたテクニックですが、タオの世界的権威である謝明徳老師(マンタックチア師)が、現代医学を取り入れて再生したものです。
 元来、内臓と感情には密接な関係があります。チネイザンでは内臓に直接働きかけるとともに、感情のバランスも整え、全体の生命力を高めることを目指しています。

 単に肉体だけではないホリスティックな療法として、セレブリティが集まるチバソムなどの高級スパでも好評を博し、ヨーロッパやアメリカでも注目を浴びています。

 TaoZenでは、さらに気功や瞑想といった他のタオのテクニックを取り入れて、より統合的な画期的メソッドに仕上げました。

(※1)タオ【Tao】・・・人間を自然の一部ととらえ、万物と調和しようとする生き方の智慧。神仙術、陰陽道、老荘思想、東洋医学などを結合したもの。

 チネイザンによって報告されている変化の中には、
・ 内臓の機能向上
・ 便通の改善
・ 腰痛や肉体的な疲労、だるさの軽減
・ 生理痛、生理不順、冷え性の緩和
・ リラクゼーション、ストレス緩和、安心感
・ 感情の安定・ 気力の向上などさまざまなものがあります。

 内臓の働きの変化だけでなく、体の芯から生命力が湧き出てくるのを実感できます。
 チネイザンは特定の病気や症状を“治す”ものではなく、肉体、精神、感情のバランスを良くするものですので、人それぞれに思いがけない変化や発見があるのが特徴です。
 また、自分自身でもできる気功や瞑想を習うようにもプログラムされています。実践していくうちに、さらに深い自己発見や自己変容がもたらされるでしょう。


チネイザンのモニターセッションを受けるには

・セッション可能な場所:
 表参道駅より徒歩2分(TaoZenスタジオ http://www.taozen.jp/map/)
 神奈川県中郡二宮町の自宅(東海道線二宮駅より徒歩15分、バス5分)

・モニター料金:
 セッション場所に応じ、場所代として自宅の場合1000円、表参道ですと3150円の負担をお願いします。

・モニターセッションをお受けできない方:
 腹部大動脈瘤、卵巣膿腫、子宮筋腫、悪性腫瘍などの疾患をお持ちの方、もしくはその可能性がある方

・モニターセッションに当たっての注意事項:
 現在治療中の病気がある方は、施術に際して事前に必ずかかりつけの医師の許可を得て下さい。 また、施術を行えないと判断した場合は、施術をお断りする場合もあります。重い病気や原因不明の慢性症状などがある方は、まず医師の診断を受けた上で、プロのレベルで仕事をしているプラクティショナーから施術を受けることをお勧めします。精神疾患をお持ちの方、 妊娠中の方、極度の生理不順などの方も、事前にお知らせ下さい。

・ペース、回数について:
 チネイザンは、定期的に受けるとより効果的です。 一度だけでも変化や効果を感じることもありますが、身体と心のバランスをとっていくために、初めての方は5回続けてお受けになることをお勧めしています。 なぜなら、5回のセッションで基本的な部分(大腸、小腸、脾臓、肝臓、腎臓、心臓、肺など)への施術が網羅され、全体のバランスが整ってくるからです。 1〜2回/週のペースで5回お受けいただくのが理想的です。 その後は、お身体の調子に合わせて継続していきます。

・施術方法:
 まず、体調や病歴などについて簡単なヒアリングをします。 その後横になっていただき、お腹全体を優しく触っていきます。内臓の声を聴きながら、おヘソの周り、五臓六腑、丹田といった部分にもアプローチします。 所要時間約90分。

・服装:
 お腹が出せて、床にも座れるような服装。着替え可能です。


モニターセッションのご予約
ayumi.bebe(アット)mj.scn-net.ne.jp
上記の(アット)を@に変えてメールをお願いします。
よろしくお願いします!


参考図書

セルフ・チネイザン・タッチ (DVD付単行本)

大内 雅弘 / 幻冬舎


Tao Zen(タオ&禅)瞑想エクササイズ

大内 雅弘 / 青春出版社


気内臓療法

謝 明徳 / エンタプライズ


[PR]

富士山のぼった!   

2010年 08月 19日

とにかくすごかった。

すべてのプロセスが面白かった。

大変なところもあったけれど、とにかく目の前の一歩を出すことに集中していたら、ちゃんと頂上に着いていた。

あんなに目標に向かってもくもくと進める自分を、知らなかった。

太陽の光の力を感じた。

闇も寒さも一瞬で消えていった。



もう言うことないです…。


a0151317_22502536.jpg

[PR]