風邪っぴきで書いてみたら出てきた幾つかのことがら   

2010年 10月 17日




やらなければならないこと

やりたいこと

やりたいことをやらなければならないこと





開くこと 閉じること

受けいれること 反発すること

自分をOKと思うこと 駄目だと思うこと

痛むこと 痛みを感じること あえて痛ませること

良いと思うことをやっているときの充実感、高揚感、優越感

良くないと思うことをやっているときの自責の念、恥、言い訳

自分を良くないと言う人の間違い探し

自分を良いと言う人を見下す眼差し





自我の表現

暗闇の中の見えないちから

それが何を表面に浮かび上がらせるのか

それをどう扱うのか

どう意識にのぼらせるのか





こうあるべき という姿の提示

そんな風にはできない という抵抗

それはいつも対になって存在する





重さと軽さ

切り刻むちからと育てるちから

それぞれ固有のバランスがあり

日々変化する


アンバランスは見ていて落ち着かないだろう

バランスの大きな揺れ動きは不安にさせるのだろう

強制する脅威として 抵抗を感じた あるちから


温かく 包み込み 大事にしなさいと言う

軽く 優しく 心地よい

ほんとうは 強制するものとしてではなく

片方の極として存在するもの



ではもういっぽうの極とは なんだ?

重く どろっとしていて 冷たく

あらゆるものを呑み込んで

それでも満足せず

献身を求め続ける

ありもしない完璧さを要求する

いつも不足を訴える

切り刻んで

ほら、価値などないだろう と言う



価値

それこそがそいつの求め続けるもの

求めて

自ら切り刻む

終わりがない

果てしない



価値や意味があまりにも自明のことすぎて

価値など問題にもされない世界

そんなところにそいつは足を踏み入れられない



そんなことをしたらそいつは融けてなくなってしまう

ほんとうの底の底では

それがそいつの望みだというのに